OCTOPUZ 機能紹介シリーズ : 溶接

今後 数回に渡って、ロボットのためのオフラインプログラミングソフトウェアに関する専門知識や見解をお伝えしていきます。今回は、OCTOPUZでの溶接について展開していきます。

 

OCTOPUZソフトウェアの特徴は、1つのソフトウェアソリューションでメーカーやモデルの異なるロボットを同じ方法でプログラムできるということです。ユーザーは、リニアレールやポジショナーを含む外部軸のフルサポートと共に、複数ロボットのプログラム、シミュレーション、コード生成を同時に行うことが出来ます。OCTOPUZは様々な要素が絡むボリュームの少ないタスクに対してもダイナミックなソリューションを提供します。

OCTOPUZの溶接は、 (ロボットではなく) ユーザーファーストの視点に立って開発されました。最終目的は、プログラミングのプロセスを出来る限り容易でわかり易いものにすることです。OCTOPUZは自立性の高い、スマートかつ直感的な溶接を作成できます。コーナーに対するトーチの自動フレア設定、溶接の開始・終了位置の自動判別、ユーザーが選択したワイヤの向きに基づいた外部軸の自動計算、そして再利用可能なパラメトリック設定による溶接作成までもが可能です。OCTOPUZのユーザーは、複数レイヤー、スティッチ、ウィーブ、シームトラッキング、タッチセンシング等の幅広い溶接方法を使用することが出来ます。さらに、OCTOPUZのロボットプログラムエキスパートが、溶接に特化したサポートを初期トレーニングや継続トレーニング、サポートとしてご提供させて頂きます。

Simulating Welding in OCTOPUZ

カリフォルニアのアップランドにあるDimic Steel Tech社は、金属製造と加工サービス提供を行っており、その業務にOCTOPUZを活用しています。Dimic Steel Tech社のRyan Mansfield氏は次のように述べています。

「OCTOPUZはロボットプログラミングに多くの恩恵をもたらす素晴らしい製品です。全てのお客様に対するOCTOPUZのサポートは徹底しています。彼らは出来る限りのサポートを行ってくれます。ロボットをお持ちであれば、この製品を強くお勧めします。」

なぜOCTOPUZは選ばれるのか?

高い安全性: OCTOPUZのシミュレーション機能があれば、エラーのないプログラムの出力が可能です。全ての衝突、特異点、関節リミットが事前に確認できます。

使いやすさ: 熟練の溶接工をも満足させる程の高い性能を持ったソフトウェアでありながら、OCTOPUZはビギナーの方々でも直感的で容易に理解ができます。

時短: OCTOPUZはプログラムにかかる時間を劇的に削減します。従来であれば手動で数日を要するようなプロジェクトでも、OCTOPUZがあれば溶接パスの作成、編集に対して必要な時間はたったの数分、数クリックだけです。

高コストパフォーマンス: オフラインプログラミングでは、ロボットが稼動している間にも、ソフトウェア内で新しいプログラムを開発、シミュレーションが可能です。新たなパスの作成やテストを行っているその間ですら、生産性が落ちることはありません。さらに、直感的で操作が容易であることによって、トレーニングにかかる費用や溶接パスの生成にかかる時間が節約され、経費削減にも貢献しています。

本シリーズでは、OCTOPUZの詳細や適用可能な用途について展開していきます。OCTOPUZのより詳細な情報をご確認いただくには、OCTOPUZ日本語ウェブサイトをご覧ください:
http://www.jbm.co.jp/octopuz/index.html