OCTOPUZ 機能紹介シリーズ : エッジフォロー

このシリーズではロボット向けオフラインプログラミング、シミュレーションソフトウェアの分野における専門性を見極めるため、OCTOPUZを詳しく見ていきたいと思います。

今回は、OCTOPUZのエッジフォロー機能について見ていきます。

エッジフォローは、OCTOPUZをより容易で信頼性が高く効率の良い、直感的でコストパフォーマンスに優れたものにしています。
ウォータージェット、トリミング、バリ取り、レーザーカット、プラズマカット、ナイフカット、ディスペンシングやその他様々なタイプのアプリケーションに利用されています。
OCTOPUZがあれば、パス全体に対する工具方向を迅速に修正することができ、エラーを避け、全てのポジションを前後/左右に傾斜させ、パスの位置やポイントの数を増減し、切削深さを制御することができます。

航空機エンジンと補助動力ユニットのデザイン、製造において世界を牽引する存在であるPratt & Whitney社はOCTOPUZを使用しています。同社のRyan George氏は次のように述べています。

「新たな製品を迅速に効率よく製造するにあたって、OCTOPUZは非常に役に立ちました。ソフトウェアの柔軟性とOCTOPUZ社のサポートチームは、他とは比較できないほど素晴らしい仕事をしました。」

なぜOCTOPUZが選ばれるのか?

1) エラーのないプログラミング
内蔵のシミュレーションソフトウェアによって、潜在的なエラーを確実に探知、除去することができます。プロセスの作成、可視化、そしてシミュレーション機能によって、ポスト前に衝突や特異点、軸リミット、リーチリミット等をチェックし、プログラムを確実にエラーのないものにすることができます。

2) プログラミング時間の削減
OCOTPUZはダウンタイムを最小化すると共に、エッジフォロー機能においてもより迅速なプログラミング時間を実現したスマートなロボティックスアプリケーションです。

3) 大幅なコストカット
OCTOPUZを使用すればロボットのダウンタイムによる損失は発生しません。なぜなら、単純にダウンタイムなど発生しないからです。OCTOPUZのオフラインプログラミングなら生産性を落とすことなく、様々なエッジフォローアプリケーションを作成、シミュレートすることが出来ます。

4) 多様性と直感性
パワフルなOCTOPUZは、高い専門性を必要とする作業にも、ロボティクスの分野における全く新しい作業に対しても、最適なソフトウェアです。直感的なインターフェイスと反応の早いエッジ選択、系統的な切削パラメーターによって、プログラミングは容易となり効率的で包括的なトレーニングにも適しています。

・・・

本シリーズでは、OCTOPUZの詳細や特徴、用途について展開していきます。OCTOPUZのより詳細な情報をご確認いただくには、OCTOPUZ日本語ウェブサイトをご覧ください:
http://www.jbm.co.jp/octopuz/index.html